メディカルパパ〜奮闘中〜

メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

はじめまして。 佐賀県出身、現在は大分県民です。 医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。気になる方は、是非見てください。

『介護予防の取り組み方』参加人数は多い?少ない?

f:id:evolution8383:20181127125447p:image

⑴介護予防とは?

健康に関する質問です。

 

みなさんは

『介護予防』を知っていますか?

 

あんまり聞きなれないワード

もしくは

聞いたほどあるけどあんまり知らないな

という方いらっしゃいませんか?

 

『介護予防とは?』

 

高齢者が自立して暮らせるための予防介護状態にある方の生活機能を低下させないよう防止していくことを目的としています。特に、生活機能が低下した高齢者に対しては、リハビリテーションを踏まえて心身の機能や歩行、日常生活動作、屋外での活動、趣味などそれぞれの要素にバランスよく働きかけることが重要であり、単に『運動しましょう。』や『栄養に気をつけて食べてくださいね』などによる運動機能や栄養状態の改善だけが目的ではなく、一人一人の生きがいや自己実現のための取り組みを支援していくことを目指すものです。

 

これは厚生労働省による

これからの介護予防

を自分なりに噛み砕いた記事にしています。

 

f:id:evolution8383:20181127130934p:image

⑵介護予防の対象はいつから?

 

対象者は『65歳以上』がキーワードです。

 

介護予防事業には

一次予防事業』と『二次予防事業

があります。

 

『一次予防事業』とは?

65歳以上の方全員が対象となります。

本事業が目指すものは、地域において介護予防に資する自発的な活動が広く実施され、地域の高齢者が自ら活動に参加し、おのずと介護予防が推進される地域コミュニティを構築すること

 

としています。

 

一時予防事業は5つで構成され、

1.介護予防把握事業

2.介護予防普及啓発事業

3.地域介護予防活動支援事業

4.一般介護予防事業評価事業

5.地域リハビリテーション活動支援事業

 

となります。

 

1.介護予防把握事業とは

f:id:evolution8383:20181127130413p:image

このように、チェックリストを用いて高齢者が定期的に自分の健康状態を把握するようにしていき、地域住民主体の介護予防活動へつなげていきます。

 

2.介護予防普及啓発事業とは?

市町村がパンフレットの作成配布や講座等を開催し、地域における自主的な介護予防の活動を支援していくものです。

 

具体的には、

介護予防リーダー(市民ボランティア)、理学療法士などの指導のもとで、簡単なリズム体操、軽体操、筋力アップや転倒予防の運動教室、ストレッチ、イスに座ってできるエクササイズ、ストレッチ、ダンベル、セラバンドなどを用いて筋力アップを目的とした介護予防のための運動をしています。

 

3.地域介護予防活動支援事業とは?

地域における住民主体の介護予防活動の育成・支援を行います。

例えば、ボランティア育成や自主グループ活動支援などが挙げられます。

 

4.一般(一次)介護予防事業評価事業とは?

事業参加した方の要介護認定移行状況等の統計をとり、事業の効果を評価できるような仕組みについて検討しています。

 

5.地域リハビリテーション活動支援事業とは?

リハビリテーション専門職等(理学療法士作業療法士言語聴覚士)は、通所、訪問、地域ケア会議、サービス担当者会議、住民運営の通いの場等の介護予防の取組を地域包括支援センターと連携しながら総合的に支援していきます。

 

 

次に

『二次予防事業』とは?

『要支援・要介護状態となる可能性高い65歳以上』を対象とします。


対象者の名称については、「健康づくり高齢者」や「元気向上高齢者」など、地域の特性や実情 にあった親しみやすい通称を設定することが望ましい、とされています。
二次予防事業の対象者は、心身の健康状態の悪化や生活機能の低下などを抱えているため、日 常生活が不活発となっており、生活範囲も狭くなっている場合が多く、しかも機能改善や介護予防に対する意欲も低下していることが多いです。

したがって、地域における様々なルートを通じて対象者を把握するとともに、対象者には介護予防事業への参加を粘り強く呼びかける必要があります。

 

二次予防事業は4つで構成され、

1.二次予防事業の対象者把握事業
2.通所型介護予防事業
3.訪問型介護予防事業
4.二次予防事業評価事業

 

となります。

 

1.二次予防事業の対象者把握事業とは?

これは一次予防事業の1.介護予防把握事業と同様に調査し、要支援または要介護状態になり得る可能性が高い場合は該当します。

 

2.通所型介護予防事業とは?

こちらの事業では、プログラムが複数あり、

運動器の機能向上プログラム、栄養改善プログラム、口腔機能の向上プログラム、その他のプログラム(腰痛予防や閉じこもり予防、認知症予防など)があります。

 

3.訪問型介護予防事業とは?

介護が必要になるおそれの高い方の介護予防のため、保健師等が訪問して必要な相談、指導等を実施します。
(心身の状況等により通所型介護予防事業への参加が困難な方を対象とします。)

 

4.二次介護予防事業評価事業とは?

一次予防と同様になります。

 

以上のように、『65歳以上の方』が『自発的に取り組む』といった、内容となっています。

また、一次予防事業や二次予防事業で自分に合ったプログラムに取り組めます。

 

f:id:evolution8383:20181127130934p:image

⑶実際に介護予防してるのはどれぐらいの方々?

 

自治体や企業では、介護予防事業への参入が増えている現状ではありますが、実際に受けた方は、『全体の1%未満』に留まっています。

 

※地域によってはもっと受けてますよ

というところもあると思います。 

 

 

f:id:evolution8383:20181127130934p:image

⑷なぜ介護予防が浸透していないのか?

 

これは『受けられる患者様の意識』に問題があるのではないか、と考えます。というのも、

介護予防というのは健常な状態でのリハビリでは、『なにか改善するのかな?』、予防をやっても『変化がないな?』という実感が得られにくいところがあります。

 

私の病院には、

痛みがあったり、何か悪いから病院に来ましたという方が診察に来ます。というのは当たり前なのですが、治ってしまえば、パッタリと来なくなることが多々あります。

 

これでは、また同じことを繰り返してしまうのです‼️

 

元気に、健康で、周りに羨ましがられるような毎日を過ごしたくありませんか?

わたしはそんな毎日を患者様に送っていただきたいと考えています。

 

この記事を読んで少しでも

介護予防についてご理解いただけたらなと思います。